太陽を抱く月動画13話を日本語字幕で無料視聴はこちら!

太陽を抱く月動画13話を日本語字幕で無料視聴はこちら!

この記事では、『太陽を抱く月』13話のあらすじやキャスト・感想を含め動画を日本語字幕で無料視聴する方法をお届けしていきます!

 

2012年韓国で最高視聴率46.1%を記録!

 

主演のキム・スヒョンは初の時代劇にも関わらず演技力が高く評価され、韓国で最も権威のある「百想芸術大賞」テレビ部門で最優秀演技賞を受賞しました。

 

カリスマ的な凛とした王の姿や、恋に悩む切ない表情で観るものを魅了しました。

 

『夜警日誌』のチョン・イルが、王の異母兄弟にして恋敵でもある陽明君を演じたことも話題に!

 

架空の王を主役にし完全なフィクションにすることで、史実に縛られず、ロマンスや陰謀をロマンティックに描いています。

 

朝鮮王朝時代の架空の王であるイ・フォンと、記憶を失った巫女・ウォルの切ない愛を描いたファンタジー・ロマンス史劇。

 

『太陽を抱く月』13話のあらすじやキャスト・感想を含め動画を日本語字幕で無料視聴する方法を知りたい人は必見です!

ユーネクスト

『太陽を抱く月』ってどんなドラマ?

太陽を抱く月動画13話を日本語字幕で無料視聴はこちら!
  • TBSチャンネル1 2017年7月21日~2017年8月4日(月~金)20:30~ 2話連続放送 (2017年9月再放送があります)

 

  • 原作:チョン・ウングォル

 

  • 監督:キム・ドフン『ロイヤルファミリー』、イ・ソンジュン『チャクペ-相棒-』

 

  • 脚本:チン・スワン『京城スキャンダル』『ワンダフルライフ』

 

  • 全20話

 

『トキメキ☆成均館スキャンダル』の原作『成均館儒生たちの日々』を執筆したチョン・ウングォルのロマンス史劇。

 

2005年に出版され、韓国で100万部以上のベストセラーとなった原作小説をドラマ化しました。

 

序盤は子役たちの演技が光ります。

 

ヨヌ役には『国民の妹』と言われる、スター子役のキム・ユジョンが演じました。

 

『トンイ』など数々のヒロインの幼少時代を見事に演じ、かわいらしさと演技力に磨きがかかりました。

 

フォン役のヨ・ジングは、皇子としての存在感とヨヌへのまっすぐな恋心を好演しました。

 

子供時代のヨヌの兄役はZE:Aのイム・シワンが演じ、悲しい運命を背負った陽明君役のイ・ミノなど、イケメン若手俳優が物語に華を添えています。

 

ストーリー

 

運命の出会い

 

ときは朝鮮王朝時代。

 

太陽のように暖かい王世子、イ・フォン(子役:ヨ・ジング)と、太陽を優しく見守る月のような少女、ホ・ヨヌ(子役:キム・ユジョン)は、宮中で偶然にも出会います。

 

運命に導かれるように二人は恋に落ちます。

 

フォンの異母兄である陽明君も、以前から親友のヨムの妹ヨヌに思いを寄せていたのですが、側室の子という立場から諦めざるをえませんでした。

 

世子嬪暗殺

 

ちょうどその頃、宮中では世子嬪選定の話が持ち上がり、聡明であるヨヌが競争の中から選ばれることになりました。

 

しかし、フォンの祖母の大妃は外戚ユン・デヒョンの娘ボギョンを世子嬪にすべく、ヨヌに黒魔術をかけます。

 

そして、婚礼を目前にヨヌは原因不明の病気にかかり命を落としてしまいます。

 

偶然の再会

 

8年後、若き王となったフォン(キム・スヒョン)は、未だ他の女性には目もくれず、ヨヌを忘れられず思っていました。

 

一方、死んだはずのヨヌは、過去の記憶を失いながらも巫女・ウォル(ハン・ガイン)としてこの世に生きていました。

 

巫女のノギョンが命を甦らせていたのです。

 

ある夜、偶然の出会いを果たすフォンとヨヌ。

 

ヨヌと瓜二つの巫女が存在していたのです。

 

しかもそれが瓜二つではなく、本物のヨヌだったと知ることになります。

 

一方、陽明君(チョン・イル)も彼女と再会し、恋心を募らせます。

 

スポンサーリンク

『太陽を抱く月』13話あらすじ

太陽を抱く月動画13話を日本語字幕で無料視聴はこちら!

 

夜とぎ失敗

 

星宿庁で、夜とぎを祈るノギョンと巫女達。

 

同じ頃、へガク道士も祈祷をささげていました。

 

道士は、ヨヌとフォンの縁を元に戻そうとしていたのです。

 

紙を燃やした瞬間、突然、何かを感じ倒れるチャンシル。

 

王妃を抱こうとしたフォンも、突然苦しくなり、気を失ってしまいます。

 

へガク道士の呪いにより、夜とぎは失敗に終わりました。

 

その頃、ウォルに「一緒に逃げよう」と言う陽明君。

 

ウォルは巫女である自分を人として扱い、女として心を向けてくれたことに感謝の言葉を伝えます。

 

「好きな人がいるのか?」と尋ねる陽明君。

 

「巫女に恋心などありません。巫女は神様を迎える器です。それ以外のものを取り入れてはいけません」と答えるウォル。

 

すると「お前の心は、誰にも動かせないのか」と陽明君。

 

そこにチャンシルが慌てた様子で走ってきて、フォンが倒れたから急いで宮殿へ行くようにと連れて行きます。

 

一人残される陽明君です。

 

フォンの意識は戻りません。

 

駆けつけたウォルは、苦しむフォンの姿に涙を流します。

 

ウォルがフォンの隣に座ったとたんフォンの脈が穏やかになり、側にいた誰もが驚いてしまいます。

 

フォンを見守るウォル。

 

夜明けの時刻を気にするウォル。

 

鐘の音が聞こえ、帰ろうとするウォルの手を掴み、目を開けるフォン。

 

「心配したか。何を心配したのだ?他の女を抱くかと心配したのか?」

 

「朝まで、側にいてくれるか。お前がいてくれたら、楽に眠れる気がする」と言うフォン。

 

「王命であれば、ずっとおそばにおります」と言うウォル。

 

フォンは、ウォルの手を握ったまま眠ります。

 

企み

 

翌朝、夜とぎの日を早めた事に問題があったのではないかと、調べを受ける主治医達。

 

その中のひとりが、呪いをかけられたと義禁府に言います。

 

大王大妃と大妃がボギョンに会いに行きます。

 

ボギョンは「白い服を着た女人が現れ、これからは私が王様の寝殿を守る。お前は一生、絶対に子を産めないと言われた」と言う不吉な夢を見たと話します。

 

「厄受け巫女が霊力で王様を惑わし、ご寵愛を受けているという噂をきいたせいです」

 

「王様は寝殿に厄受け巫女が来ていることを知っていました」と、ウォルに罪を着せようとするボギョン。

 

そして、ユン・デヒョン達もフォンを陥れようと企みます。

 

王様が巫女に心を寄せたということ、王様の夜とぎを巫女が呪いをかけて妨害したとすることなどと、話をまとめる家臣たち。

 

 ヨヌの死について

 

ヨヌの死について調べているホン・ギュテ。

 

「大提学様は、死んだ娘を抱きしめていたので、時間が経っていたのに生きた人間のように死体が温かかった」という話を聞き出します。

 

ホン・ギュテの帰った後、町医者を訪れたヨヌ母シン氏とミナ王女。

 

世子嬪選びの前にヨヌの背を測った印を眺め、「生きていたら、どこまで伸びたかしら」と、悲しげな母シン氏。

 

ヨヌの事を尋ねに来た男がいると聞き、何やら不安を感じるミナ王女です。

 

その頃、ノギョンはヘガク道士の呪いを問い「本当に血の雨を降らせるのですか?」と言います。

 

しかし「この機会を逃したら、すべてを元に戻す事ができなくなる。お嬢様を助ける為だった」とヘガク道士に言われます。

 

ヨヌが連行される

 

ウォルのもとにホン・ギュテがやって来て、大逆罪の疑いとして義禁府へ連れて行きます。

 

義禁府で調べを受けているウォルに、尋問場に行ったら恐ろしい拷問を受けることになると脅します。

 

「寝殿にいる間、王様と隠密に情を交わしたと、王様の寵愛を独り占めするために夜とぎを邪魔する呪いをかけた」そう答えるよう話すユン・デヒョン。

 

ウォルの事を聞いたノギョンは、投獄されているウォルに会いにいきます。

 

自分のことより王様を心配するウォルに、「自分のことを考えなさい」と言うノギョン。

 

自分が、政治的に利用して捨てるには都合の良い存在だと知っているウォル。

 

「王様が、私のせいで窮地に立たされます。王様の名誉を失楽させ、力をそぐつもりです。どうすれば、王様の迷惑にならないか一緒に考えてください。」

 

フォンのことばかり心配するウォル。

 

「私が嘘をついてでも、王様を助けなければ…」と言うウォル。

 

「無実の罪で処刑されるのを王様がお喜びになるとでも?」と言い聞かせるノギョン。

 

ノギョンの言葉に、「もっと深い傷を残します。また守れなかったと、ご自分を責めるでしょう。ではどうすればいいのですか?どうすれば王様と自分を守れるのでしょうか?」と尋ねるウォル。

 

ウォルが罪に問われ、義禁府に押送されたことを聞き出すフォン。

 

陽明君は旅に出ようとしていました。

 

そこにチャンシルが現れ「ウォルお姉さんを助けて欲しい!」と言います。

 

しかし「私には関係のないことだ」と言って去る陽明君。

 

ウォルの尋問が始まろうとしたところへ、フォンが現れます。

 

「王命もなく尋問することは、法に背くことだ!」と言います。

 

「皆が見ていますので、別の場所で話して下さい」とユン・デヒョン。

 

「王命に逆らうと言うのか?」と怒るフォン。

 

「これ以上、この事件に固執されては儒林達が王様を疑います」と強気な態度のユン・デヒョン。

 

ひとつを捨てる

 

怒りの収まらないフォン。

 

尋問場に行こうとするフォンを、必死で引き止めるヒョンソン。

 

「王様は一人の男である前に、我が国の王なのです。ひとつを得るために、御身を軽んじれば多くを失います。ひとつを捨てねばなりません。王様が尋問場に行かれ巫女をかばえば、全員を失うのです」

 

「賢明な娘です。自分で助かる道を見つけるでしょう。あの娘を信じて、無心におなり下さい。あの娘を助けて、王様が国を生かすには他に方法はありません」

 

ヒョンソンの言葉を受け止め、尋問場へ向かうのを留まるフォン。

 

ひどい拷問を受けるウォル。

 

「王様のお体を呪った理由は何だ?」と聞かれます。

 

しかし「何度聞かれても、答えは同じです。私は絶対に呪いをかけていません」と答えるウォル。

 

ウォルを助けようと、大王大妃に頼むノギョン。

 

頼みを聞き入れようとしない大王大妃に、8年前の事を持ち出すノギョン。

 

「神娘を失った私に、怖いものなどありません。私の罪を自白して、神娘と一緒に命を絶ちます。もし、8年前のことを王様がお知りになったら…」

 

そう話しているところにフォンが現れ、大王大妃は慌てます。

 

フォンに挨拶をし、その場を離れるノギョン。

 

大王大妃に頭を下げて、尋問を止めさせるよう頼むフォン。

 

「国王の私と、朝廷の長である領相を、自由に操れるのはお祖母様だけではありませんか」と言うフォン。

 

ひとつを捨てろと言うなら、いっそ自分を捨てて一つを救うと心で呟きます。

 

尋問中止

 

拷問に耐え続けるウォル。

 

そこに陽明君が、「私が無実を証明する」と現れます。

 

「王様が病に倒れたとき、この娘は私と星宿庁の庭にいた」と証言する陽明君。

 

二人でいた理由を聞かれ、陽明君が言葉を発しようとしたのを遮るウォル。

 

「私がお願いしました。卑しい巫女の生活に疲れ、逃げたくなりましたが方法がなく
あの日、星宿庁に来てもらい私を連れ出してほしいとお願いしました」

 

「王族とは知りませんでした。知っていたら頼みませんでした。この方は、何の関係もありません」とウォルが先に答えます。

 

「これで、無実は証明されただろう。早く、縄を解いてやれ!」と陽明君。

 

すると、そこに使いがやって来て、大王大妃に会うユン・デヒョン。

 

「尋問を中止しろ!」と伝える大王大妃。

 

「呪いの疑いが晴れても、王族を惑わした罪が…」と言うと、「城外追放で終わらせるのです!」と命じる大王大妃。

 

「王様から離すのが目的ですから、今回のことで王様の気勢を抑えたので十分ではありませんか?その上、将来使える切り札を握ったのです」

 

「王族と巫女の恋、前例がありましたよね。これで王様の脅威となる陽明君の運命も手に入れたのです」と言って納得させる大王大妃。

 

それぞれの思い

 

陽明君は投獄されているウォルに会いに行きます。

 

「私がお前を誘惑したと話すのだ。そう言えば罪は免れずとも、罪状は軽くなる。あとは私に任せろ」と言う陽明君。

 

「それはできません。助かる方法は自分で考えます。二度と気遣わないでください」とウォル。

 

「王子たる者が、巫女に借りは作りたくない。私のために嘘をついたから今度は…」と言う陽明君。

 

ウォルは「助かるために利用しただけです。陽明様のためだと思われるのは、思い違いです」と言うウォル。

 

冷たく突き放すしかない私をお許しくださいと心の中で呟くウォル。

 

「心配するな。私もお前のためではない。重い気持ちで旅に出たくなかったから何としても生きろ。嫌なら他の方法を考えてみる」と言って陽明君は立ち去りました。

 

陽明君がウォルを助けるために尋問場に現れたことを聞いたフォン。

 

「兄上も、あの娘を知っていたのか?ウン、お前は知っていたのだな」と聞くフォン。

 

答えることのできないウン。

 

そこにヒョンソンが声をかけ、陽明君が来たことを伝えます。

 

フォンと陽明君は二人で話します。

 

「巫女などを助けるために、尽力されるなど兄上らしくありませんね」と言うフォン

 

「私は王様と違い、大切なひとつのために、全てを捨てられると思っています」と陽明君。

 

「私は全てが欲しくて、ひとつの大切さを知らないと言いたいのですか?」と聞くフォン。

 

「一国の君主には当然のことです。私は、王様には取るに足らない卑しいものを頂きに参りました。お許し下さい」と言う陽明君。

 

「無理です。王族の名誉は王室の名誉と同じです」と答えるフォン。

 

「王子とは名だけで閑良にすぎない私には、何の名誉があるのですか?王命があれば、いつでも捨てますので、あの娘を…」

 

「ダメだと言っているのです!」と言葉を遮るフォン。

 

「私が世子のころ、おっしゃいましたね。自分なら守ったと。全てをかけ、命をかけてでも守ったと」

 

「王族とて同じです。あの娘が無事でいられるとでも?考え直してください。どうすればあの娘を守れるのかを…」とフォン。

 

「私は、残酷だっただろうか。兄上を傷つけたと思うか?」ウンに聞くフォン。

 

「傷ついたのは王様ではありませんか?」と答えるウン。

 

「ウン、私はこれ以上大切な人を失いたくない。しかし、兄上ももう安全ではない。領相が恋心を利用して追い詰めたように、王族と巫女の恋を反逆とみなし、命を狙うだろう」

 

「結局、巻き込まれて傷つくのはウォル、あの娘だろう」と話すフォン。

 

スポンサーリンク

メインキャスト

 

キム・スヒョン (イ・フォン役)

#KimSooHyun #KSH #김수현 #金秀贤 #金秀賢 #キムスヒョン #soohyun_k216 #Real #리얼 #filmreal #JangTaeYoung #aimatech

A post shared by Kim Soo Hyun 김수현 金秀贤 キムスヒョン (@kshyun216) on

  • 生年月日:1988年2月16日
  • 身長:180㎝
  • 体重:65㎏
  • 出演作品:『ドリームハイ』『星から来たあなた』など

 

世子時代に出会い悲しい別れをする世子嬪ホ・ヨヌを一途に愛し続けます。

 

ヨヌの思いもよらない死は、フォンから笑顔を奪いましたが、ヨヌの面影と安らぎを記憶を失った巫女・ウォルを見つけ、心をかき乱されつつも惹かれていきます。

 

成人しても王妃をはじめ、一切の女性を受け入れずに純愛を貫くひたむきな男性です。

 

ヨ・ジング (イ・フォンの少年時代)

  • 生年月日:1997年8月13日
  • 身長:177㎝
  • 出演作品:『イルジメ~一枝梅~』『根の深い木』など

 

ハン・ガイン (ホ・ヨヌ / ウォル役)

  • 生年月日:1982年2月2日
  • 身長:168cm
  • 体重:48㎏
  • 出演作品:『黄色いハンカチ』『赤と黒』など

 

少女時代に世子であったイ・フォンと出会い世子嬪に選ばれます。

 

しかしフォンの祖母、大王大妃とその弟ユン・デヒョンの派閥抗争にからむ陰謀に巻き込まれ、呪いによって存在を消されてしまいます。

 

8年後に巫女のウォルとして現れ、失われた記憶を取り戻して自分がヨヌであったこと、恐ろしい陰謀に巻き込まれたことを知ることになります。

 

王となったフォンに心を奪われます。

 

キム・ユジョン (ホ・ヨヌ少女時代)

  • 生年月日:1999年9月22日
  • 身長:161㎝
  • 出演作品:『トンイ』『雲を描いた月明かり』など

 

チョン・イル (陽明君役)

  • 生年月日:1987年9月9日
  • 身長:184㎝
  • 体重:64㎏
  • 出演作品:『夜警日誌』『シンデレラと四人の騎士』など

 

先王の長男ですが庶子の為、父である王に対し気を使い世間から隠れるような生活を送っています。

 

一見、自由気ままな遊び人風の印象を受けますが、真面目で一途な性格の努力家です。

 

大提学の娘ヨヌに切ない恋心を抱きますが、突然非業の死を遂げたヨヌが忘れられず張り合いのない人生を送っています。

 

ヨヌに生き写しのウォルを愛するようになります。

 

キム・ミンソ (ユン・ボギョン役)

太陽を抱く月動画13話を日本語字幕で無料視聴はこちら!
  • 生年月日:1984年3月16日
  • 身長:166㎝
  • 出演作品:『グッド・ドクター』『華政(ファジョン)』など

 

フォンと夫婦になったのに、自分に見向きもされません。

 

それでも、フォンを憎むことなく優しく見守る良い妻を演じていました。

 

その中に宿っている野心を、誰も見抜くことができません。

 

スポンサーリンク

『太陽を抱く月』13話を視聴した人の感想

 

『太陽を抱く月』の動画を日本語字幕で無料視聴する方法

韓国ドラマは、放送終了後にBlu-ray&DVDがリリースされることがよくありますよね。

 

どうせなら『無料でみたい』という方も少なくないはず。

 

では、『太陽を抱く月』のような韓国ドラマの動画を日本語字幕で無料視聴するには…

 

韓国ドラマならほぼ何でも揃っているU-NEXT(ユーネクスト)いう動画配信サービスの利用をおすすめします!

 

U-NEXTでは『太陽を抱く月』以外にも人気となった

  • 太陽の末裔
  • 恋はチーズインザトラップ
  • 私はチャンボリ
  • オーマイビーナス
  • 麗〈レイ〉〜花萌ゆる8人の皇子たち〜
  • 美男ですね

など、最新~過去の名作までもっと様々な韓国ドラマが無料で視聴できるんですよ♪

 

また、U-NEXTでは、今なら31日間無料トライアルを実施しています。

 

31日間もあれば、韓国ドラマを完全無料で一気見することもできますね。

→ 31日間トライアルはこちら

私も無料期間中に登録して、31日以内に解約したのですがお金は一切かかりませんでした。

 

韓国ドラマ以外にも国内ドラマや海外ドラマ、雑誌やアニメなど全部見放題でしたよ!

 

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録することをおすすめします。

 

最近無料で見れる動画サイトを良く目にしますが、完全に違法です。

 

  • Dallymotion(デイリーモーション)
  • miomio
  • Pandora(パンドラ)

といった名前を聞いたことがあるかもしれません。

 

これらのサイトは動画が無料でダウンロードできるのですが、こういったサイトの動画は著作権違反で違法動画です。

 

このような違法サイトから動画をダウンロードして動画を見ること自体も犯罪になってしまいます。

 

しかも、あなたのパソコン(ローカル上)にダウンロードした動画を保存しておくことも非常に危険であり、ウィルスが感染する可能性があるのです。

 

その違法サイトはもちろんのこと、違法動画を見る方にも責任を問われることがあるので、安全で安心な方法で視聴することをおすすめします!!

>>【無料】U-NEXTはこちら

 

U-NEXTを利用した人の口コミは?

>>安全に無料視聴する

 

まとめ

太陽を抱く月動画13話を日本語字幕で無料視聴はこちら!

『太陽を抱く月』13話のあらすじやキャスト・感想を含め動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご紹介しました。

 

ヨヌの尋問が辛すぎました。

 

ヨヌもフォンも陽明君もそれぞれの思いが交差してますね。

 

誰かを守るために自分が犠牲になるってすごいです。

 

『太陽を抱く月』を見ようか迷っていた方も、知らなかった方も、ぜひ当サイトを読んでいただいて、一緒に『太陽を抱く月』を楽しみましょう♪

 

 

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です