麗 花萌ゆる8人の皇子たち18話あらすじをネタバレ!本編動画無料視聴法も

麗 花萌ゆる8人の皇子たち18話のネタバレ!あらすじ&視聴方法も

 本記事では『麗 花萌ゆる8人の皇子たち』の18話あらすじを、本編動画の無料視聴法などを交えてご紹介します!

 

ある日突然、高麗皇室にタイムスリップしたヒロインとツンデレ皇子から癒し系皇子、子犬系皇子まで、あらゆる女性の憧れを網羅した8人のプリンスたちの胸キュン皇宮ライフを描いた『麗 花萌ゆる8人の皇子たち』。

 

その人気は韓国のみならずどんどん広がり、世界中で中毒者が続出しています。

 

気になる第18話はいったいどのような内容なのでしょうか?

 

ユーネクスト

『麗 花萌ゆる8人の皇子たち』の概要

麗 花萌ゆる8人の皇子たち18話のネタバレ!あらすじ&視聴方法も

ある日、化粧品販売員のコ・ハジンは湖に落ちた子供を助けようとして溺れてしまいます。

 

目を覚ますと、なんとそこは高麗時代!!

 

ハジンの魂は少女ヘ・スの体で目覚め、高麗の初代皇帝ワン・ゴンの宮廷で生活を送ることになってしまったのです。

 

そこで彼女が出会ったのは、世にも美しい8人の皇子たち…。

 

優しい第8皇子ワン・ウクと惹かれ合う一方、冷徹な第4皇子ワン・ソに幾度となく危機を救われ…。

 

ワン・ソの素顔に触れ、次第に距離を縮め始めた矢先、彼こそが後の第4代皇帝光宗だと知ってしまいます。

 

ヘ・スの恋は歴史を変えてしまうのでしょうか…。

 

スポンサーリンク

 

主な登場人物

【第4皇子】王昭(ワン・ソ):イ・ジュンギ

高麗建国当初、太祖は強力な豪族勢力との度重なる婚姻で皇室勢力を拡張し、母の皇后ユ氏は夫の愛を独占するために息子を人質に取りました。

 

結局、母は幼い息子の頬に消せない傷を残し、自分のミスを遠ざけるために信州カン氏の家に養子に出してしまうのでした。

 

美しい外貌を第一に感じる高麗で、仮面をかぶって生きなければならない人生…。

 

皆が彼を『怪物』と噂し、ワン・ソは誰も自分の顔を見つめることを許さない、恐ろしく残忍な『オオカミ犬』として育つのでした。

 

生まれて初めて大晦日の儺礼の儀式に他の皇子らと並んで振り子を引き受けることになり、それほどに懐かしい母に会うという期待にときめくのですが…。

 

第4皇子を待つのは相変らず彼を『不運の兆候』として感じる母と兄弟の冷遇、そして恐れもなくぎゃあぎゃあと立ち向かう『ヘス』という女でした…。

 

そして、たかだか一指尺の傷のために、長い人生を台無しにするなと小言を言うヘスを眺め、第4皇子ワン・ソは今まで描いたものと全く異なる人生を歩むのでした…。

 

解樹(ヘ・ス):イ・ジウン

10世紀の高麗の女性で21世紀の大韓民国『コ・ハジン』魂が垂直落下した身体の主人です。

 

儺礼(鬼追いの行事)を控えて沐浴斎戒する皇子をのぞき見しようと、皇宮の湯場に隠れ入り、水に溺れ気を失ってしまいます。

 

恋人と親友にペアで裏切られ、人生マクチャンに追い込まれたコ・ハジンもまた、心停止一歩直前の状態からとある理由で高麗の真中、皇宮にヘスの容貌をかぶったまま死んで生き返ったのでした。

 

ハジンは現代に戻る方法を探せないと、『ヘス』の姿で高麗で耐え忍ぶことを決心します。

 

しかし、いくら隠そうと努めても他の高麗女性とは明確に違いが生じる言葉と行動、独特の現代的考え方、特有の優しくて元気な気質…。

 

以前のヘスとは全く違った雰囲気のせいで、第8皇子ワン・ウクをはじめとする皇子の注目をあびることになり、彼らと多様な事件事故を紡ぐことになるのでした。

 

【第8皇子】王旭(ワン・ウク):カン・ハヌル

第4皇子ワン・ソとは同じ日に生まれましたが、全く違う運命と指向を持ったまま育ちました。

 

身分の上下に関係なく自分の味方を集めるのに長けている、生まれつきのリーダーです。

 

母方のファンボ家は『ウク』を次期皇帝に立てるために総力戦を行なっている最中でした。

 

家の中の期待と責任を引き抱いて暮らし、完全な自身の人生を楽しめなかった彼の前に、ある日、昼間のおばけのような小娘『ヘス』が登場し、若年寄りのように礼儀正しく生きたウクに、笑いと涙をかえし、平凡な幸福を享受したいという欲を知らしめました。

 

幼くして政略結婚した『ヘ氏夫人』と礼儀正しい関係を維持してきた彼に、生まれて初めて『愛』という感情を知らしめたヘスを得るためには、激しい皇位争いで必ず勝たなければならない状況に追い込まれることになりますが…。

 

【第3皇子】王堯(ワン・ヨ) :ホン・ジョンヒョン

早くから母の皇后ユ氏により『皇帝』として育てられた完全無欠な男です。

 

外貌、家、才能…どれ一つ次期皇帝として足りないものがないものの、ただ遅く生まれたという理由で『正胤(チョンユン:정윤)』になることができないのでした。

 

異腹兄『ム』を見るたびに、自分の座を横取りしているようで不快で欲張りで傲慢だが、母方まで強固だから兄弟の間でも難しい存在なのでした。

 

他人の弱点も食い込んで握り揺さぶるのが好きですが、実は感情が繊細で自分の手が血塗られるのが嫌いな潔癖症を持っているのです。

【第13皇子】王郁(ワン・ウク)/ 伯牙(ペガ):ナム・ジュヒョク

母が新羅王族で、幼いころから芸術に対する高い見識を育くんできました。

 

書道、絵、楽器、陶芸…できないことがないが、特に琴をよく扱い、兄弟は第8皇子と区別するために『ペガ』と呼ぶのでした。

 

高麗最高の美男でペガ皇子が皇宮を出れば、松岳(ソンアク)中の女性が足袋だけ履いた足で走って出るという噂が広まっているのです。

 

亡国の王室を実家に置いたので皇位を引き受けることは難しい…。

 

悠悠自適な人生を楽しむが、国が動いている事情に無知であることはないのです。

 

身分を隠したまま会ったウヒを心より愛するが、二人の間には克服できない時代的痛みがあるのでした…。

 

【第10皇子】王銀(ワン・ウン):ペクヒョン/ペッキョン

開国功臣、王規(ワン・ギュ:왕규)の外孫で生まれつきの性格が遊び好きで、勉強と武芸どちら側にも関心がない、一生『中2病』の男です。

 

血気旺盛な年齢とひたすら『女と恋愛』にすべての神経が集中しているが、耳学問で聞き込んだ知識だけいっぱいで使い道がないのでした。

 

過去へ来た『ヘス』と戦ったあげくに初恋を抱くが、青天の霹靂で大将軍パク・スギョンの娘『パク・スンドク』と婚姻をすることになります。

 

婚姻後にもヘスを忘れることができずスンドクを空しくするが、内心自身だけを眺めるスンドクに対する愛情を育くんでいくのでした。

 

【第14皇子】王貞(ワン・ジョン):チ・ス

ワン・ヨ、ワン・ソと同じ母から生まれたが、兄たちとは異なり愛だけ受けて育った根っからの末っ子です。

 

誰一人嫌いな人がおらず、いつも愛を一人占めする、一度陥れば抜け出ることはできないブラックホールの魅力的な男なのです。

 

しかしヘスにだけその魅力が通じず、悔しくて死にそうな状況なのでした。

 

ハジンが高麗やって来たばかりの時は、虚勢炸裂の少年だったが…戦場を縫って帰ってきて少女漫画にでも出てきそうな肝の座った男となってきたのでした。

 

【正胤】王武(ワン・ム):キム・サノ

太祖王健が遅く得た初めての息子で愛と信任を一人占めする、熊人形のように善良な容貌と性格を持つが、武芸にあっては天下無敵の男です。

 

戦場ごとに頻繁に武功をたて、早目に正胤に冊封されたのでした。

 

父の周辺の家臣とも気兼ねがない間で謙虚で気さくでよく笑う『良い人』ですが、『良い皇帝』になるには剛断と背景で力不足なのでした。

 

【第9皇子】王垣(ワン・ウォン):ユン・ソヌ

開国功臣、庾黔弼(ユ・グムピル:유금필)の外孫です。

 

自ら皇帝になる資質があると感じるが、彼を皇材として感じる人はただごろつき達だけでした。

 

外貌を美しく飾ることに関心が多く贅沢で、世の中が移り変わることを、詳しくよく知るかのように行動するが…。

 

財物が手から離れず、周辺に人々がひしめくようですが、本来自身の心根を打ち明け頼るほどの兄弟はそばにないのでした。

 

ただ風に揺れる木の枝のように、あちこち有利な側に移り通うだけなのです。
 

スポンサーリンク

 

18話あらすじ(ネタバレ)

体の傷を理由にあげへ・スは皇后にはなれない、と主張するワン・ウクですが、その後も婚姻を巡る圧力がワン・ソを襲うのでした。

 

ワン・ソは『皇甫ヨナ様と婚姻なされませ』と言われるも『誰と結婚するか、自分で決める。』と言います。

 

しかし『まさか…、茶美院の女と婚姻しようなどとお思いではありますまいな?皇位が重要ではないと見える!』と返されてしまいます。

 

茶美院を訪れ、宮殿滞在の許可を陛下にもらえたと嬉しそうにヘ・スはチェリョンに伝え喜び合う二人。

 

しかし、結婚の準備をするようヨナ公主に命令された、とチョリョンが言うとヘ・スは顔を曇らせます。

 

とそこへ現れるジモンはへ・スを部屋に連れて行き皇子達の思い出話を聞かせた後、全てが瞬きする内に過ぎ去った、と告げるのでした。

 

その後、王との婚姻は諦め最後まで頑固な陛下を婚姻させるようにと言うジモンにヘ・スは嫌だと答えます。

 

『長い間待っていたのは、いつか幸せになれると信じていたからです。もしここで諦めるならもっと前に止めていたでしょう。陛下が不動なら私も持ちこたえるわ。』

 

だがジモンは、皇帝が危機に陥れば血が流れるのが皇宮、悲劇を起こさないためにも強くないと!とへ・スを説得するのでした。

 

その夜、ワン・ソを市井へと誘うへ・スに兵と尚宮を連れて行かないと…と渋るワン・ソ。

 

仮面を被り衣装を変えれば誰にも分らない、とへ・スは説得し、人に溢れる市井の中を手をつなぎ二人は歩きます。

 

色取りどりの燈篭が浮ぶ池に着くと、目を閉じて二人は願いを込め、その後へ・スを後から抱き頬に口付けるワン・ソ…。

 

その帰り、自分が作った石塔の前へワン・ソを連れて行き、『夢が適いそうな場所でしょ』と笑うヘ・スに『自分の夢を適えるために積み重ねたな』と面白そうに言うワン・ソ。

 

ヘ・ス『ええそうよ、石塔で私にプロポーズすると言ったでしょ?』

 

ワン・ソ『最初に会った時に、そなたは逃げるべきだったんだ。』

 

ヘ・ス『私は逃げたけど、捕まえたんじゃない?』

 

へ・スの腕を掴み、一緒に住もう結婚してくれ、とプロポーズするワン・ソだが、目に涙を溢れさせへ・スはできない…と答えます。

 

ヘ・ス『私は慰めてあげることしかできないから、結婚するのは難しいわ。』

 

ワン・ソ『誰がそんなことをそなたに言った?傷があるとか言う理由で諦めたりしない。誰も私に結婚を強制できない。』

 

ヘ・ス『私だって諦めないわ。陛下の傍に続けるから。皇后や夫人になったら皇宮の規則に縛られるし、そんな称号が私に似合わないの知っているわよね?』

 

結婚できなくても私を去ることはできない。去らせない。そなたは私の人だからどこへも行けないのだ。絶対に許さないから…とへ・スを抱きしめてワン・ソは呟く…『そなた一人が私の后だ…』

 

天徳殿へ入って来るワン・ソと新皇后のヨナ…。

 

婚儀が行われている中、婚礼衣装を部屋で着けるへ・スはワン・ソのプロポーズを思い出しながら一人部屋に佇んでいるのでした。

 

石塔を前で祈っているへ・スの耳へ口笛が響く…振り返るとそこにはジョンがいました。

 

『王宮には飽きあきした、僕達鳥のようにどこか遠くへ一緒に行かないか』とジョンはヘ・スを誘います。

 

婚儀を終え寝室へと移るワン・ソは期待を込めた目で見上げるヨナに触れず部屋を出て行こうとします。

 

将来陛下に対抗するためにへ・スが使われるでしょう、だから取り除くのが一番良い、と言うヨナを遮り、お前!皇后としての役割に徹し線を越えるんじゃない、と睨むワン・ソはヨナを一人部屋に残します。

 

ジョンの流罪を聞いて倒れた皇太后劉氏の寝所を訪れるヨナとワン・ソ。

 

これからは私が母を世話するから私の許可なく誰も部屋に入れるな、とワン・ソはヨナに言います。

 

知らせを受け駆けつけたジョンでしたが、護衛官たちに阻まれ中には入れません。

 

その晩の食事中、へ・スはワン・ソにジョンを入れさせてほしい、もし皇太后に何かあったら永遠に悔恨が残るでしょう、と言います。

 

ジョンは中に入れさせない、例えそれがそなたの頼みでも、とワン・ソは冷たく言い放ちます。

 

倒れてから5日間、ワン・ソの看病を拒んでいる皇太后劉氏はワン・ソの顔の傷に触り、事切れます。

 

その手を握り泣き崩れるワン・ソ…。

 

外で立ち続けているジョンをヘ・スは寝所へ呼び入れますが、皇太后の寝床に茫然と座るジョンに、去れと言いに来るワン・ソ。

 

茶美院でチョリョンの姿を探しているへ・スを促し中庭へ連れて行ったウヒは、庭に集められた茶美院の女官の一人がワン・ソの命令で袋叩きの刑を見ているとへ・スに言います。

 

傍に近寄り理由を尋ねるへ・スに、重い罪を犯した茶美院の女官への罰だとジモンは答えます。

 

『誰なのです?』

 

『チョリョン』

 

ふらふらと袋に近づき無残な姿のチョリョンが目に入った途端、気を失ってしまうへ・スをスヤっ!と叫びウヒが支えます。

 

衝撃を受け寝ついてしまったへ・スを見舞いに来るワン・ソに人を犬のように叩き殺すなんて、と責めます。

 

ワン・ソはチョリョンがスパイだったことを話すが、でも…彼女は私の妹だったのに…と涙するへ・ス。

 

ゆくっり休んで全て忘れろと出て行くワン・ソ。

 

その後、化粧台に置かれているチョリョンの文に気付きヘ・スは読み始めるが、そこには9皇子へのチョリョンの思いがつづってあり、恨みも後悔していないと記されていた…。

 

『全てがウクの仕業だったのだ!あいつのせいで私は、ヘ・スにとって怪物となった。私にはペガとへ・スしかいないのに…』と憎々そうに言うワン・ソはその後部屋に戻り、仮面をつけたへ・スを見て嬉しそうに抱き寄せます。

 

口付けようとして仮面を上げ、ヨナだと分る欲を出すなと言ったはずだ、出て行け、と怒りました。

 

『陛下が皇位を守りたいように私も後継者が欲しいのです。私達の息子を王にしたい』とワン・ソに抱きつくヨナに『では、私が言えばウクとそなたの家門に背を向け完全に敵対することができるのか?もしそうなら私達の子供を正胤としよう』とワン・ソは薄笑いを浮かべるのです。

 

茶美院で湯を眺めボーっとしているへ・スのもとへペガがやってきます。

 

私はどうするべきなの?私の愛する人が妹を殺してしまった、ス・ヘは嘆きます。

 

この惨めさからどう抜け出せばよいのかわからない、と言い胸を押さえるヘスに『そんな顔をしないで、兄さんは本当に心から心配しているよ』と気遣うペガ。

 

簪をジョンに渡して欲しいと頼み、そして”望む”、というジョンとの合図をメッセージとして伝えてとヘ・スは言います。

 

『麗-花萌ゆる8人の皇子-』の動画を日本語字幕で無料視聴する方法

韓国ドラマは、放送終了後にBlu-ray&DVDがリリースされることがよくありますよね。

 

どうせなら『無料でみたい』という方も少なくないはず。

 

では、『麗-花萌ゆる8人の皇子-』のような韓国ドラマの動画を日本語字幕で無料視聴するには…

 

韓国ドラマならほぼ何でも揃っているU-NEXT(ユーネクスト)いう動画配信サービスの利用をおすすめします!

 

U-NEXTでは『麗-花萌ゆる8人の皇子-』以外にも人気となった

  • 太陽の末裔
  • 恋はチーズインザトラップ
  • 私はチャンボリ
  • オーマイビーナス
  • 麗〈レイ〉〜花萌ゆる8人の皇子たち〜
  • 美男ですね

など、最新~過去の名作までもっと様々な韓国ドラマが無料で視聴できるんですよ♪

 

また、U-NEXTでは、今なら31日間無料トライアルを実施しています。

 

31日間もあれば、韓国ドラマを完全無料で一気見することもできますね。

→ 31日間トライアルはこちら

私も無料期間中に登録して、31日以内に解約したのですがお金は一切かかりませんでした。

 

韓国ドラマ以外にも国内ドラマや海外ドラマ、雑誌やアニメなど全部見放題でしたよ!

 

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録することをおすすめします。

 

最近無料で見れる動画サイトを良く目にしますが、完全に違法です。

 

  • Dallymotion(デモンストレーション)
  • miomio
  • pandra(パンドラ)

といった名前を聞いたことがあるかもしれません。

 

これらのサイトは動画が無料でダウンロードできるのですが、こういったサイトの動画は著作権違反で違法動画です。

 

このような違法サイトから動画をダウンロードして動画を見ること自体も犯罪になってしまいます。

 

しかも、あなたのパソコン(ローカル上)にダウンロードした動画を保存しておくことも非常に危険であり、ウィルスが感染する可能性があるのです。

 

その違法サイトはもちろんのこと、違法動画を見る方にも責任を問われることがあるので、安全で安心な方法で視聴することをおすすめします!!

>>【無料】U-NEXTはこちら

 

U-NEXTを利用した人の口コミは?

 

>>【無料】U-NEXTはこちら

 
 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、『麗 花萌ゆる8人の皇子たち』の第18話のネタバレ情報を紹介いたしました!

 

もうすぐ最終回ということもあり、続きが気になってしまいますね♪

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です